大阪や東京で見つかる風俗エステ嬢やAV女優の求人情報

girl dressed in white

女優の種類

girl blink

AV女優と呼ばれる仕事は、大体2種類に分かれています。種類の違いは、具体的には「契約の違い」というふうに言うことができます。AVプロダクションに入るとき、どの種類の女優として活動していくか、決めることになります。2つとりあえず並べてみると、「単体女優」「企画女優」ということになります。単体女優は、AVプロダクションに所属し、AV制作を行う制作会社と専属契約を結んでデビューします。契約が有効な間は、その制作会社の作品にのみ出演するというのが、単体女優です。今、AVの現場のみならずテレビや雑誌でタレントとして活躍したり、著書を出したりして活躍しているAV出身の女性たちは、ほとんどがこの単体女優出身です。その名前が全面に出て、写真がパッケージを飾るようなアイドル女優的な立ち位置を得ます。この種類の女優は、顔が大きく出るという点は気をつけるべきポイントですが、何しろ専属女優なので、多額のお給料を得ることが出来ます。作品1本につき百万円以上のお金を稼ぐ単体女優もいます。とにかくお金をたくさん稼ぐということを目的にしているのであれば、AVプロダクションに応募するとき、単体女優として活躍していきたい旨を伝えましょう。
一方、「企画女優」は、女優の名前ではなく作品の企画が先行する作品に出演する女優で、DVDのパッケージなどではモザイクや目隠しの線が入ることもあります。制作会社との専属契約もなく、AVプロダクションから仕事の紹介があったとき、都合がよければ出演する、というスタンスで気軽に働けるAV女優です。確かに単体女優と比べれば、出演作品1本ごとのギャラは低めになりますが、それでも十万円以上は確実に稼げます。